株投資・システム環境・資格に関するブログを目指します。
 
<< やらなきゃいけない CCDP資格編(0) | main | 「白馬の騎士」あらわる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2010.12.06 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ひかり電話 と IP電話の併用について(1) 

ダプルチャネル@ひかり電話とIP電話(@niftyフォン)の併用するために各機器設定をしました。構成機器は以下の2つです。

,劼り電話対応機器 → RT-200KI
IP電話(@niftyフォン)対応機器 →WebCaster V110
RT-200KI に共存設定方法が紙切れ一枚入ってました。
それによれば、RT-200KI側は出荷状態のままで、
WebCaster V110でPPPoE設定+SIP設定を実施せよとのこと。既にRT-200KIをセットアップしている為、紙切れに従い、いったんリセットボタンを押して初期化しました。

〈電話の構成〉
RT-200KI(Tel1)---(line)WebCaster V110(Tel)---電話1
RT-200KI(Tel2)---電話2

電話1へは 電話番号Aと050番号
電話2へは 電話番号B  が鳴るようにします。

1.まずRT-200KIをセットアップします。
RT-200KIのLANポートへPCを接続し、電話番号AとBがダイヤルインで各Telポートに着呼するように設定をします。
※PCは、DHCPでLANに接続します。
※RT-200KIでPPPoE設定をしてはいけません。

2.WebCaster V110の設定
WebCaster V110のLANポートへPCを接続し、IP電話設定を入力します。(SIP+REGISTER サーバアドレス、ポート番号等)
※PCは、DHCPでLANに接続します。
※WebCaster V110でPPPoE設定を入力します。

設定が完了してこれで電話番号が3つになりました。
気分的にはよくやったと言う感じですが、見栄えが気になります。というか、ひとつの機器にまとめてください>NTTさん!

尚、無線LANカード(旧11a規格のプラネックス GW-NS54AG)はWebCaster V110へ移植しました。11a規格なんか使わないので11b+gしか使えませんが実際、問題なしです。

↓↓是非クリックお願いします↓↓
人気blogランキングへ
【2006.01.30 Monday 22:03】 author : Tak
| パソコン | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2010.12.06 Monday 22:03】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kjs.jugem.jp/trackback/10
トラックバック